学びポータルサイト

学びポータルサイト
学び
ご挨拶

「学び」ポータルサイトでは、避けては通れない学びについて解説していきます。
勉強と聞くと拒否反応を起こしてしまう方も多いのではないでしょうか。
通常、何かを学ぶ場合、参考書や授業等を受けると思います。
しかし、テキストを見てもさっぱり解らない、テキスト自体の説明書が欲しいなどと思う方もいますよね。
特に専門分野の参考書になると、解説文自体に専門用語が羅列されていますので、
その時点で嫌になって学ぶことが億劫になってしまいがちです。
学びポータルサイトでは、勉強法はもとより、基本的な考え方、効率的な学び方等を細かく解説出来ればと思っています。

学び

同じ事を学ぶ場合でも、参考書や授業、先生の話し方ひとつ、受け取り方ひとつで楽しさを見いだせる事が多々あります。
先生の言い方ひとつで怒られているのかな?と思ってしまう時もあると思います。
そんな時、知人がよく言っていました。「怒られていると思うか、教えてくれていると思うかは受け取り方次第だよ」と。
確かにそうです。学ぶと言いますが、何も学問に限って学ぶわけではありません。
仕事もそうです。人間関係等の社会性もそうです。
その時に必ず自分の意図しない言われ方をする事がありますが、前述のとおり、「教えてくれている」と思う事で、
前向きに物事を考えられることがあります。
捉え方ひとつで大きく変わる学ぶという動作。是非学びポータルサイトをチェックして、効率的に物事を学んでいって下さいね。

何か資格や勉強を会得したい場合、理解が進んでいるかを確かめたいときには、身近な人にそのことを教えてみるといいです。

つまり人に教えることを通じて、自分がどれほどそのことに本当に理解できているかが如実に明らかにできるからです。

あなたの説明を聞いているうちに教わる人の顔が明るくなり、よくわかったと返事をくれたり、質問や相槌をうってくれるようならば、相手がさらにわかってきたことを示しています。

もし、あなた自身がものごとを丸暗記して、ただ棒読みの説明をしているだけだとします。その状態で人に説明したとしますと、それではあなた自身に周辺のことまで含めた情報が欠けているので、説明を聞いている人は、教えているあなたが何を説明しているのかあまり理解できません。

より学びを積んで余裕ができて言葉や図を補いながら説明できるようになると、相手も頭の中に具体的なイメージを描きやすくなり、理解も容易になるでしょう。

こうした方法で自分自身の理解を確かめることを、じつは教師も行っています。教師にも様々な段階の理解の人がいます。ベテランになればなるほど学びの範囲が広がりを持ち、深みも増します。

すると教わる方はより理解や想像しやすく興味深くそのことを学べ、より興味の対象を広げてもらえます。逆に新米の余裕のない教師から教わると、その勉強の底の浅さが露呈して、質問に十分答えられなかったり、教わる方が興味が持続していかなかったりします。

これを最初の話に戻してみます。学ぶ深さを深めつつ人に教え続けることで自分の底の浅さを知り、自分自身はより深く学べることができるということです。

企業PR広告
悩み相談・心理カウンセリング<横浜市中区関内>ハートエッセンス
横浜の心理カウンセリング<横浜市中区・関内>悩み相談・電話相談・カウンセリング室「ハートエッセンス」
不動産登記・相続登記・横浜で創業30年の司法書士安西総合事務所<横浜市戸塚区・泉区>
遺産相続・遺言・不動産登記・会社設立登記・手続・費用のご相談は、司法書士安西総合事務所にお任せ下さい。対応エリア(横浜市・戸塚・泉・栄・鎌倉・藤沢・神奈川)

企業PR広告